MENU

車買取は悪徳業者に注意

悪徳業者

 

一括査定サービスを使って車を買い取ってもらうのであれば基本的には安全ですが、車買取市場は一般ユーザーからは中身が見えにくいので、悪徳業者にはご注意下さい。

 

最近はそういった悪徳業者は減ってきていますが、中には紛れているかも知れません。

 

悪徳業者に関わるとトラブルのもとですので、うまい話に流されないように、しっかり見極めた上で車の売却に取り組んで下さい。

 

 

悪徳業者の見分け方

悪徳業者はある程度の特徴があるので、気をつけていれば気づくことができると思います。

 

「ん?何か怪しいかな・・・」と思ったらきっぱりと売却を断って、引きづらないようにしましょう。

 

いくつか特徴をあげておきます。

 

買取額の提示が高額

なるべく高値で売却したいユーザーの気持ちを逆手にとる手法です。

 

ちょっと考えればわかるのですが、他の買取業者と比べて明らかに高額が提示される場合は怪しいと考えたほうが無難です。

 

買取業者は、買い取って売却することで利益をあげているので、基本的には車をたくさん買いたいわけです。

 

そのためには、1台1台に時間をかけるよりも、ある程度の相場で買取額を提示して、どんどん次の車を相手にしたほうが得策です。

 

なるべく速く取引を進めるために、変な駆け引きは避けたいというのが本音なのですね。

 

ですので、買取側では、「なんとしてもこの車を買い取りたい!高額でも買い取りたい!」ということはないのです。

 

売却側もこの事情を知っておくことで、悪徳業者につかまる危険を減らすことができます。

 

高値

 

その日に車を引き取ろうとする

ケースにもよりますが、概ね、査定日と車の引取日は別の日になります。

 

かつ、代行業者が引き取りに来るケースも多いです。

 

営業マンが移動手段として乗って帰ることもありますが、一番安心できるのは自分で店舗まで乗っていくことです。

 

ただ、その場合は帰りの足がないので、費用をかけてでも後日代行業者に取りに来てもらうのが一般的でしょう。

 

悪徳業者はとにかく車を確保できれば勝ちだと考えています。

 

話をどんどん進めて、売買契約を済ませてしまおうとします。

 

正直、車を持っていかれてしまったら、所持者側ではできることはほぼありません。

 

査定日に車を持っていこうとする業者には気をつけて下さい。

 

見た目にでる

悪徳業者は会社全体がそういった人員で構成されているので、査定にくる人員にもその雰囲気が見て取れます。

 

もう人相に出ている人も少なくないですね。

 

また、言葉遣いや態度にも通常の社会人としては疑わしい所作が現れるものです。

 

少しでもそういったものを感じたら、車を持っていかれないように注意して下さい。

 

あとから難癖をつけて買取額を下げられる可能性もあります。

 

「査定時にはわからなかった問題があった」、「今からキャンセルするなら費用を払え」などと半ば脅迫めいたことを言われることもあるそうなので、くれぐれもご注意下さい。

 

仮面

 

まとめ

悪党業者につかまると時間も労力かかります。

 

それでいて、得るものはありません。

 

やはり一括査定サービスを使うのが無難でしょうし、売却側の労力は最小で済むと思います。

 

しかも複数の買取業者の査定額から選択することも可能なので、こんなにいいことはないですね。

 

→おすすめの買取業者ランキングはこちら